チャリティーイベントでサンタの代わりに著作権団体がやって来た - GIGAZINE

| | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

チャリティーイベントでサンタの代わりに著作権団体がやって来た - GIGAZINE

いやはや、ちょっと古い記事だけど、気になってね~。

日本にも似たような著作権管理団体あるしねぇ(苦笑

まじめな話どこまでアーティストと消費者を縛るつもりなんだろう、、、

人が権利を主張するからには必ずやらなければならない義務がある、権利を主張するからには義務を果たしてなければならないが、、、

さて、JAS●ACさんはどうでしょう、、、、例えば盗作もしくは過去に類似した楽曲がある曲でも簡単に登録出来てしまう状態。

これは現状では盗作なのか、どうなのか判断すらつかないですね、、、

これが例え特許だとしたら申請した際に必ず近似する特許等があるようであればこれは駄目と言われます。

しかし現状JASなんとかさんはまったくそういった管理はしていない為、アーティストは後から出てくる盗作疑惑に困惑してしまいます・・・

まぁ一部アーティストは狙ってやってるのですが、それがまかり通ってしまうのも問題だと思います。

確か同一メロディラインが2小節以上続いたらアウトとかそう言ったラインがあったはずです。

JASなんとかさんは消費者から巻き上げるだけ巻き上げて結局アーティストへの還元をしておらず、なおかつ管理もずさん・・・

冷静に考えれば徹底してYOUTUBEやニコニコ動画なんかもつぶしにかかっていてもおかしくないですが、現状は野放しです。

アップローダーの削除要請人なんて一人か二人でもいれば一週間でかなりの量削除要請が出来るはずです。

正直な話デジタル的にもアナログ的にもコピーを防止するのは無理でしょうしコスト的にも負担が大きすぎます。

ちなみにCD-R等の記録媒体には予めそうした楽曲がコピーされる事を前提とした著作権代金がJASRACに支払われています。

がしかし、全てのCD-Rが音楽をコピーする為に存在するわけではない為、これは何か筋が通っていない気もします。

アーティストは色々な方に音楽を聴いていただいてその方々からささやかな報酬が得られればそれでいいと思いますが、現状はフリーに何でも手に入ってしまうと言うアーティストにも優しくない時代です。

難しい問題ですがJASなんとかさんと話でもしないと進まない話なのでここでは割愛ですかね・・・



前の記事今までと違うファイナルファンタジーXIIIとヴェルサスXIII予告ムービー - GIGAZINE

次の記事【BMS】Armed_Angel

カテゴリー

« 【雑記】メガテリヤキバーガー | 雑記 | ギネスに認定された世界一静かな場所 - GIGAZINE »

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: チャリティーイベントでサンタの代わりに著作権団体がやって来た - GIGAZINE

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://manabird.com/mt/mt-tb.cgi/329

コメントする