「iPod課金」は「文化を守るため」――権利者団体が「Culture First」発表

| | コメント(2) | トラックバック(0)

カテゴリ:

「iPod課金」は「文化を守るため」――権利者団体が「Culture First」発表 - ITmedia News

Culture Firstに関して概要をかいつまむと

現状知的財産を管理する立場、あるいは所持している団体が、その既得権を守り、文化を守るという前提で作り上げた団体の日本サイトです。

細かく説明すればまた違ってきますが、要はちゃんと消費者からお金取れるようなシステムを維持できるだけの法律や補償を求めてるわけです。

ちょっと言い方は悪いですが事実ですのでしかたがないですね。

文化が貴重なのは非常に大切な話でよく分かりますが、文化を金に変える事を第一に考えてる人たちが言うとあまり説得力がありませんね、、、

文化を大切にするだけであれば音楽や動画の流通に関しての一切を現状の数倍も厳しく法律で取り締まればよいわけです。

販売ルート、視聴環境の限定(映画館かライブのみ等)、ネット配信、路上演奏の一切等、コピーされる危険性のある環境を禁止等、やろうと思えば法律の名の下に出来る事はいくらでもあります。

しかし過剰にそれをしてしまうと今度は流通しなくなる=音楽が売れなくなる=既得権者が儲からなくなる。

となり、既得権者が厳しくなってしまいます。そうすると一番良いのは現状を変える法律はどうでも良いから、音楽を聴く事が出来る環境全てに補償金をと言う流れになるわけです。

その補償金からどういう管理か知りませんが、売れてるアーティストに分配しようと言う事ですね。

しかし世の常で儲かろうとする人よりも安くて良いものを選別する人は多いわけです。

例えば個人で作成した音楽をサイトで公開するとしましょう。

今まで有料で同じような種類の音楽を買っていた人がその人の技術やセンスに惚れこめば、その人は無料で手に入る個人のサイトの音楽で十分満足でしょう。

さすがに無料で配信していても人気が出ればCD等を出すでしょうからその時にどれだけ買ってくれる人がいるかが問題です。

一枚買った人がその内容を全て共有サイトやP2Pに上げればそれで終了となってしまい、CD作成にかかった費用をペイするのは非常に困難になります。

本当に欲しいアーティストのCDなら買うと言う名目もありますが、それが通用しない時代になってきてしまっています。

しかし、アーティストは減るどころか増える一方ですので、常に無料で似たような曲を提供してくれるアーティストが存在してしまいます。

全ての根源はアーティストが自分の音楽を安売りしすぎた点とその環境が用意に手に入ってしまった事にあるかもしれません。

エンターテイメントの作成環境やアーティストの技術が発達し、必要以上の技術や環境が無くてもかなりクオリティの高い作品を作り上げる事が容易になってる事も要因のひとつですね。

かと言って現状今からデビューするアーティストの曲なんてタダ以外で聴こうと思う人は一握りでしょうし、お金をとる事なんて出来ないでしょう。

タダより高い物は無いと言う言葉がありますが、人間はタダやそれに近い金額で手に入ってしまう事を覚えれば、自ずと求める方向性がそちらに傾いてしまう事は競争原理や人間心理から仕方ありません。

まぁ何でもそうですが、人間は問題が起こってから困るケースが非常に多く、今回もそのケースだと思います。

音楽=利益追従のエンターテイメントと言う方向性が崩れ始め、既得権者の焦る顔が手に取るようにわかります。

アーティストサイドとしては、これから先の世界は音楽だけを生活基盤とするのは難しい時代となり、魅力のある音楽と言う装備を身にまとったキャラクターに付加価値を求められ、付加価値の部分で売っていく時代になるのかもしれませんね。

お笑い芸人や役者なんかも、芸能力だけでは既に生き残れない時代になって来てる所から、やはり向かう先は同じなのかもしれません。

いずれにせよ、売れてるアーティスト一人勝ちの時代よりはずっと良い時代になるのではと思います。

もっとエンターテイメント業界は根底の部分を見直し、大量に売る事が出来ないアーティストでも、その業界に携わってくれてる事自体に感謝し、その配当をあげるぐらいでも良いと思います。

余談でJASRACの配収の配当なんかはかなり売れてるアーティストに偏ってると言う噂です。



前の記事iPod nanoはご機嫌斜めだと爆発する模様

次の記事お勧めの携帯バッテリー

カテゴリー

« iPod nanoはご機嫌斜めだと爆発する模様 | 雑記 | 当然の流れ? ソニー PS3にPS2の互換機能搭載検討。 »

« いつでもどこでもDJできる?! | 音楽 | 2008年4月4日発売 beatmania IIDX 15 DJ TROOPERSオリジナルサウンドトラック »

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「iPod課金」は「文化を守るため」――権利者団体が「Culture First」発表

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://manabird.com/mt/mt-tb.cgi/347

コメント(2)

Anonymous :

CD・Blu-rayDisc・HD DVD購入で課金され

PC(HDD)に保存で課金され

携帯オーディオ(iPod・携帯など)に入れて課金され

カーナビで聞くと課金され

文化を守るためにMIDIに課金して
MIDI文化を滅ぼしたくせによくいうよ

極楽鳥 :

コメントありがとう御座います。

まさしく、私も着信音のサイトを過去に経験していて、JASRA●とは登録曲の件で数十回に及ぶメールのやりとりをした経験があります。

結果、個人でMIDIを配信する文化はあっという間に無くなりましたね・・・

この前の音楽ファイルをアップロードした時点で違法と言う判決から、サーバー運営者や、プロバイダからも補償金を取り出しそうで怖いです・・・
アップロードして不特定多数に配信する可能性や、メール等で配信する可能性が、、、とか言い出して

MIDIの課金では着メロ配信業者とJASRA●が丸儲けして、結局文化その物は衰退していますし、、、、

同じ道を辿るんでしょうか・・・

コメントする


Google
管理人:極楽鳥
manabird facebook mixi twitter soundcloud



カテゴリ




このブログ記事について

このページは、極楽鳥が2008年1月16日 00:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPod nanoはご機嫌斜めだと爆発する模様」です。

次のブログ記事は「お勧めの携帯バッテリー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。