在日韓国人の選挙権で努力 菅氏、李大統領と会談

まじめに勘弁してもらいたい…それ以前にやることがいっぱいあるはずだ。

以下抜粋ソウル26日共同】民主党の菅直人代表代行は26日、韓国の李明博大統領とソウル市内の青瓦台(大統領官邸)で会談し、在日韓国人ら永住外国人の地方選挙権付与に努力する考えを示した

中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008022601000568.html

まず国内の在日朝鮮人の犯罪率の高さ、これを人並みにしてほしい。次に無駄に出してる生活補助金の撤廃だ、これは一度撤廃し、本当に必要な人にだけ配分すべき。多分本当に必要な人なんてほぼいないが…

と言うか在日朝鮮人は一部を除き一度全員強制帰国させ、入国は厳正な審査の上で本当に日本に行きたい人だけにしてもらいたい。なおかつ普通に税金を払い犯罪もせずまっとうに暮らしている人であれば在日に限らず全人種に選挙権は与えるべきだと思う。

要はまともに日本の生産性にも加わらず、払うべきものも払っていない、すなわち義務を果たしていない人には、人種問わず権利等与えるべきではないと思う。

ネットで政治論評は荒れるので強くは書かないけどいつも気になってるのでちょっと綴ってみた…



前の記事JASRACはありがとうを届けない

次の記事「私的録音録画小委員会」来期も設置 補償金問題の議論継続

カテゴリー

« Samsung製ノートPCから煙 | 国外情勢 | 親日反民族者財産の国家への帰属が決定 »

« JASRACはありがとうを届けない | 社会情勢 | 「私的録音録画小委員会」来期も設置 補償金問題の議論継続 »

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 在日韓国人の選挙権で努力 菅氏、李大統領と会談

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://manabird.com/mt/mt-tb.cgi/395

コメントする