富士キメラ総研、2012年度にWiMAXは200万、次世代PHSは240万契約を予測

意外にWIMAX低く見積もられてますね。この数字だけ見ると普及速度はゆったりしてると言う感じかな…

以下抜粋調査結果によると、携帯電話向けの定額制データ通信サービス市場は、第3世代携帯電話への移行とともに契約者数が拡大。契約数は2006年度の実績2,498万契約から、2012年度には5,700万契約と約2.3倍の拡大を予測している。市場別ではコンシューマ市場が圧倒的としており、データ通信端末が中心のビジネス市場は数十万件だとしている。また、データ通信向けサービスは、PHSを含めて200万強契約だとした。

--------

2012年まで情勢がどう変化するか見物ですね…



BroadBand Watchhttp://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/21133.html



前の記事初音ミクといっしょに曲作り! 『13歳のハローワークDS』

次の記事初の"ねこの着うた" music.jpから3月3日独占配信スタート

カテゴリー

« ハニービー触ってきた | WILLCOM | ウィルコム、「Atom」搭載のVistaマシンを開発――次世 代PHSにも対応 »

« Samsung製ノートPCから煙 | コンピューター | ウィルコム、「Atom」搭載のVistaマシンを開発――次世 代PHSにも対応 »

« 三菱電機、携帯電話端末の開発・生産から撤退 | モバイル | ウィルコム、「Atom」搭載のVistaマシンを開発――次世 代PHSにも対応 »

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 富士キメラ総研、2012年度にWiMAXは200万、次世代PHSは240万契約を予測

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://manabird.com/mt/mt-tb.cgi/402

コメントする