Gmail、CAPTCHAを破られスパムボットの犠牲に

グーグルさんはさっさと対策をした方が良い…スパムメールのトラフィック程無駄なものは無い…

しかし良くもサクサクとセキリティを破っていくものだ、その労力を良い方向に使えればどれだけすばらしい事か…

以下抜粋------------



ユーザーが電子メールアカウントを作成する前にそのユーザーが人間であることを確認するためにGmailが使用しているCAPTCHA(Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart:人間とコンピュータを区別するための完全に自動化された公開チューリングテスト)のメカニズムがスパム業者によって破られ、その結果2月にはGmailから送信されたスパムが大幅に増大したとセキュリティ企業のMessageLabsは指摘している。

 MessageLabsによるとYahoo MailとHotmailのCAPTCHAメカニズムは2007年7月に破られている。そして今回はGmailが犠牲になった。

 その結果、Gmailのアカウントから送信されるスパムの割合が1月の1.3%から2月の2.6%へと倍増しており、そのほとんどがアダルトサイトを宣伝するものだったとMessageLabsでは述べている。

 Googleの関係者はGmailで使用されているCAPTCHAが破られたかどうかについては肯定も否定もしないと述べたが、最近スパムが増えていることは認めた。

 GmailのCAPTCHAが破られた問題は、2月末に別のセキュリティ企業のWebsenseによって報告された。

CNET Japan

http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20369052,00.htm

------------



前の記事エントリー評価プラグイン導入

次の記事ニコニコ動画、著作権侵害のテレビ番組動画をすべて削除へ--放送局に申し入れ

カテゴリー

« PSPにSkype機能、新型PSP専用「マイクロホン」発売へ | コンピューター | スパム発信地トップは「ピトケアン島」 »

« 子犬を崖に投げ殺す米兵 YouTube残酷動画に世界震撼 | 社会情勢 | 元社員が保管の賃料求めチロルチョコ提訴 »

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Gmail、CAPTCHAを破られスパムボットの犠牲に

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://manabird.com/mt/mt-tb.cgi/417

コメントする