スパム発信地トップは「ピトケアン島」

スパムメールといえば最大の中継国は米国、ロシア、中国の3カ国。2007年10~12月の統計では、全スパムの33.8%がこの3カ国から発信されている。

人口当たりの比率で見ると、上位に浮上したのは南太平洋の英国領ピトケアン島、ニュージーランド領のニウエとトケラウ諸島。以下トップ10には、欧州の小国モナコや北大西洋の英領バミューダなど、人口が極めて少ない国や地域ばかりが並んだ。


どこだよそこって感じですね(笑

確かに大国で無ければ無い程セキュリティの観念は薄そうだ、、、

まぁでも、Gmailなんかは99%フィルタリングしてくれてるし、迷惑メールは転送しないでくれるから結構安心。

しかも他のアカウントもPOP3で叩かせて迷惑メールはじけるから嬉しいな。

なんと言うか世界的にもっとSPAMメール発信者は銃殺OKとかもっと罪を重くしてでもいいから無くして欲しいなぁと常々思う。

ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0803/11/news027.html



前の記事国の資金20億投入された国家地図はミスだらけ

次の記事放送楽曲を自動特定する著作権管理システム、イーライセンスが実運用へ

カテゴリー

« Gmail、CAPTCHAを破られスパムボットの犠牲に | コンピューター | 「神ツール」――初音ミク踊らせるソフト「MikuMikuDance」大人気 »

« 国の資金20億投入された国家地図はミスだらけ | 国外情勢 | 東シナ海ガス田問題 中国高官「裁判なら日本が勝つ」 不利認める »

« 痴漢でっち上げ、女は泣き崩れる演技も | 社会情勢 | 放送楽曲を自動特定する著作権管理システム、イーライセンスが実運用へ »

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: スパム発信地トップは「ピトケアン島」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://manabird.com/mt/mt-tb.cgi/423

コメントする