放送楽曲を自動特定する著作権管理システム、イーライセンスが実運用へ

イーライセンスさん頑張ってるなぁ。まだ2年しかたってない会社ですが、既にここまで進んでるとは・・・

あれ?JASRACさんはまだ?

フィンガープリント技術か・・・後は抜け道を少しづつ潰して精度を上げていく必要があるって事ですね。この調子なら期待できそう。



以下要約抜粋

------------

 楽曲の著作権管理を手がけるイーライセンスは3月11日、フィンガープリント技術を使った放送楽曲の著作権管理システムの実験に成功し、実運用に向けた準備を進めていると発表した。放送された音声のMP3データと、同社が管理している楽曲のフィンガープリントを照合。放送で使われた曲目を自動で特定でき、曲目ごとの正確な著作権料支払いが可能になるとしている。

 今後は、テレビ・ラジオ放送局と契約し、まずは1カ月間の放送を、次は1年間分の放送をまるごと録音。使われた楽曲の種類や回数を特定できるようにしていく計画だ。

 放送で利用された楽曲の著作権管理では、放送事業者が、利用した曲目をイーライセンスや日本音楽著作権協会(JASRAC)などの著作権管理団体に報告し、著作権管理団体が著作権者に使用料を配分している。使用料の配分を正確に行うためには、放送局が曲目を正確に把握・報告する必要あるが、これは放送局にとって負担が大きい――といった問題が指摘されていた。

 イーライセンスは06年4月から放送権の管理を開始。現在、約1500曲の放送権を管理している。

 日本音楽著作権協会(JASRAC)も、フィンガープリント技術を活用した楽曲の把握システム構築を進めているという

ITmedia News

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/11/news122.html

------------



前の記事スパム発信地トップは「ピトケアン島」

次の記事東シナ海ガス田問題 中国高官「裁判なら日本が勝つ」 不利認める

カテゴリー

« スパム発信地トップは「ピトケアン島」 | 社会情勢 | 【WILLCOM】ソフトバンクここまでやるか、、、&Willcom近況まとめ »

« ニコニコ動画、著作権侵害のテレビ番組動画をすべて削除へ--放送局に申し入れ | 著作権

« VOCALOID 2エンジンのソプラノ英語シンガーソフト「PRIMA」 | 音楽 | 【クラブイベント】STEPへ行ってきた。 »

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 放送楽曲を自動特定する著作権管理システム、イーライセンスが実運用へ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://manabird.com/mt/mt-tb.cgi/424

コメントする