【レビュー】DELL XPS15 バッテリースロットやバッテリー容量について

次はバッテリーです。

私は9セルバッテリーを購入したので6セルをご購入される方はあまり参考にならないかもしれません。

前の記事はこちら

【レビュー】DELL XPS15 メモリ、無線LANカード等 底面スロットを見てみる



CIMG2555.JPG

バッテリーを外すには底面スロットの側のスライドボタンを左側にスライドさせます。


CIMG2556.JPG

バッテリー右側に残量インジケーターがあり、インジケーター横のボタンを押すことで残量を確認する事が可能です。


CIMG2557.JPG

バッテリー満タン状態のインジケーターです。


CIMG2561.JPG

バッテリーを外したところの右側にミニB-CASスロットがあります。



CIMG2562.JPG

ミニB-CASカードスロットイン前


CIMG2564.JPG

ミニB-CASカードスロットイン後


CIMG2565.JPG

バッテリー右側表示部分です。
特に見るようなところはありませんかね。


CIMG2569.JPG

バッテリー表示右部分です。

購入前に気になっていてわからなかった部分があります。

容量部分で、 11.1v 7.65Ah(7650mAh) とあります。

これは市販されている外付けバッテリーに当てはめる際に参考になる数値です。

一般的には3.7v 8000mAhぐらいで販売されている物が多いのですが、

電圧表示が異なるためぱっとみわかりにくいです。

では3.7v 8000mAhはどれぐらいの容量なのか?

把握するためには次の計算を行います。

電圧 x 電流 = 電力 ですので
11.1 x 7650 = 84915
3.7 x 8000 = 29600

なんとなく見えてきたと思いますが、 8000mAh(3.7v)では9セルバッテリーの30%程度しか充電できない計算になります。

本気でノートPCを外付けバッテリーで充電するならこれぐらいの製品がほしいところです。

■ Energizer(R) XP18000 


価格は安いところで送料込み20000円を切る程度です。

これなら 3.7 x 18000 = 66600 と約8割を充電できますので、充分な役割を果たしてくれるでしょう。

これ以上の製品ももちろん有りますが、お察しのとおり非常に重くなるし、そこまで長時間利用をするなら素直にバッテリーを持ち運んで電源を確保しましょう。



ここまででハードウェア周りは大抵見てきましたので次回からは内部スペックの面を見ていくことにしますが、これはまた後日にするとします。




前の記事【レビュー】DELL XPS15 メモリ、無線LANカード等 底面スロットを見てみる

次の記事【レビュー】DELL XPS15 windowsエクスペリエンスインデックスを見てみる。

カテゴリー

« 【レビュー】DELL XPS15 メモリ、無線LANカード等 底面スロットを見てみる | PC | 【レビュー】DELL XPS15 windowsエクスペリエンスインデックスを見てみる。 »

« 【レビュー】DELL XPS15 メモリ、無線LANカード等 底面スロットを見てみる | コンピューター | 【レビュー】DELL XPS15 windowsエクスペリエンスインデックスを見てみる。 »

« 【レビュー】DELL XPS15 メモリ、無線LANカード等 底面スロットを見てみる | モバイル | 【レビュー】DELL XPS15 windowsエクスペリエンスインデックスを見てみる。 »

« 【レビュー】DELL XPS15 メモリ、無線LANカード等 底面スロットを見てみる | レポート | 【レビュー】DELL XPS15 windowsエクスペリエンスインデックスを見てみる。 »

« 【レビュー】DELL XPS15 メモリ、無線LANカード等 底面スロットを見てみる | 物欲 | 【レビュー】DELL XPS15 windowsエクスペリエンスインデックスを見てみる。 »

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【レビュー】DELL XPS15 バッテリースロットやバッテリー容量について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://manabird.com/mt/mt-tb.cgi/482

コメントする